スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
Word 2000 で文書の保存時に "ディスクがいっぱいか、開いているファイルが多すぎます" というエラー メッセージが表示される
Word 2000 で文書の保存時に "ディスクがいっぱいか、開いているファイルが多すぎます"
というエラー メッセージが表示される。
http://support.microsoft.com/kb/224041/ja

こいつにいつも悩まされていました。

頑張って詳細設計書にフローチャートを書いて、、

私「やったー、書き終わったー!保存、保存っと。ぽちっとな・・」
Word2000『ディスクがいっぱいか、開いているファイルが多すぎます』
私「・・・」
私「またまた御冗談を~♪じゃあ、別名保存でぽちっとな・・」
Word2000『ディスクがいっぱいか、開いているファイルが多すぎます』
私「・・・」
私「君もしぶといね。んじゃ、新規文書を開いて、丸ごとコピーして貼り付けて保存っと・・」
Word2000『ディスクがいっぱいか、開いているファイルが多すぎます』
私「・・・」
私「返せ!俺の1日を返せーーー!」

とまぁ、今までの私ならこんな感じで泣き寝入りしていました。
しかーし、今日は違う!
なんせ、このエラーは隣のTくんのパソコンで発生したものなので
私はただの傍観者というか、お節介?です。

こうなると、冷静に次の手を考えられますねー。

さっそくGoogle先生に質問してみます。
検索欄に上記のエラーメッセージを正しく書いて、検索っ!

すると、冒頭に書いたマイクロソフト サポート オンライン の該当ページが出てきたわけです。

しかし、敵もさるもの、そう簡単に解決はしません。
いろいろ考えられる原因と対処方法が書いてありますが
試してみても保存できません。

ただ、図形が原因っぽかったので、
とりあえず書いてある図形2つを切り取って
別のWord文書にコピーしてから、保存。
Word2000『・・・。』
おー、保存できた!
んじゃ、1つの図形だけUNDOで復活させて保存。
Word2000『ディスクがいっぱいか、開いているファイルが多すぎます』
ほほー、ということはもう1つの図形が悪さをしてるってことですな。
さらにUNDOして図形を2つとも復活させ、
先ほどとは別の図形を削除してから保存。
『・・・。』
はいはい、保存できましたね。

というわけで、今回は引き分け(図形2つのうち1つは保存できたので)でした。
そのままでは保存できなかった図形は、画像として貼り付ければ保存はできます。
ただし図形ではないので中のオブジェクト(テキストボックスとか)は編集できませんが。。。

まぁ、Word2000で作業することは少ないのですが、とりあえずメモしておきます。
みなさんのお役に立てれば幸いです。
スポンサーサイト
【2011/02/17 17:10】 | 開発Tips | トラックバック(0) | コメント(0)
SQLDeveloperでMDBに接続
システム表への読み取りアクセス権がありません。
AccessDBを変更してから再試行してください。

そんなことを言われても
・・・とお悩みのあなた。

もう大丈夫です。
リアルシステムズにおまかせください。

操作は簡単。
たった6つのステップであなたもシステム表へのアクセス権を手に入れることができます。

1.メニューから[ツール]/[オプション]を選択します。
2.[オプション]ダイアログの表示タブのページにある[システムオブジェクト]をチェックします。
3.メニューの[ツール]/[セキュリティー]/[ユーザー・グループの権限..]を選択します。
4.[ユーザー・グループの権限]ダイアログの[権限]タブのページにある[ユーザー/グループ]で権限を与えたいユーザーを選択します。
5.同じく右側にある[オブジェクト]リストでマウスをドラッグしてMSys*テーブルをまとめて選択します。
6.同じく下にある[権限]グループの[構造の読み取り]にチェックをつけ[OK]ボタンを押します。

あなたが管理者ならユーザーIDは「Admin」です。
パスワードがわからない?
パスワードを設定していなければもちろんパスワードは空でオッケー!

お申し込み不要、手数料も代金も不要です。
今すぐあなたもお試しください!
【2011/02/15 11:22】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
undefined function mb_convert_encodingだってさ
久しぶりにxamppで作ったシステムの改良をしようと
xamppを起動して、ページを開くと
undefined function mb_convert_encoding
というエラーが発生。

あー、そういえばHDDの調子が悪くなって総入れ替えしたり
フォルダ構成変えたりしたからなぁ・・などと思ったけど
そんなことを懐かしんでいる場合じゃない。

c:\xamppをd:\xamppにして、confとか書き換えたような、
ということでconfを直してc:\xamppにお引越し。

・・だめでしたorz

ならばっ!
Google先生、お願いっ!
ピピーガガガッ!オコタエシマス・・

1.php.ini extension=php_mbstring.dll ガコメントニナッテイマセンカ?
2.ツカワレテイナイ php.ini ヲナオシテマセンカ?
3.extension_dirハアッテマスカ?

なるほど、確認してみるか。

1.を確認。大丈夫です。行頭に;はついてませんでした。
2.を確認。これも大丈夫です。phpinfo()で見ましたが合ってました。
3.を確認。extension_dir = "\xampp\php\ext\;c:\xampp\php\ext\"だそうで、これもOKです。

あれれ~、Google先生もたいしたことないなぁ
> イイエ、タイシタコトナイノハ、アナタデス

そうですねorz

ふと、思いついてapacheのerror.logを見てみると

PHP Warning: PHP Startup: Unable to load dynamic library '\\xampp\\php\\ext\\;c:\\xampp\\php\\ext\\php_mbstring.dll' - \x8ew\x92\xe8\x82\xb3\x82\xea\x82\xbd\x83\x82\x83W\x83\x85\x81[\x83\x8b\x82\xaa\x8c\xa9\x82\xc2\x82\xa9\x82\xe8\x82\xdc\x82\xb9\x82\xf1\x81B\r\n in Unknown on line 0

おっ、あった。
なんかよくわからない文字列が並んでるけど、どうもdllが読み込めないらしい。

xamppの元からdllを展開しなおして上書きしてapache再起動っ!
・・・同じエラーがでてらー

ふと、思いついて 意味不明な文字列を print "\x8ew\x92...."としてみると
「モジュールがみつかりません」
だそうで。
ということはGoogle先生が言ってた3のextension_dirの設定が怪しい!!

そういえば、xamppの引っ越しにあわせてパスを2つ書いてたけど
それがまずかったのかな?と思い、
"c:\xampp\php\ext\"
にしてapache再起動っっ!

apacheのerror.logにエラーが出なくなり、
undefined function mb_convert_encodingというエラーもなくなりました。
めでたしめでたし(こんなエラーを出すのは私だけでしょうっ!)

教訓:どこでも複数のパスを書けると思ったら大間違い!
【2011/02/05 16:43】 | PHP | トラックバック(0) | コメント(0)
リアルシステムズ      情報工学技術士事務所


情報工学部門の独立技術士が思うこと

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

佐藤 誉範

Author:佐藤 誉範
リアルシステムズ

平成3年からソフトハウスでシステム構築を行ってきました。
平成15年に技術士(情報工学部門)の資格を取得し、独立してリアルシステムズを創業。

情報システム構築に関することなら
どんなご相談にも親身に対応させていただきます。
一緒により良いシステムを考えましょう!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

天気予報

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。