スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
1世帯1個
震災後、近所のスーパーなどでは牛乳、納豆などを一人1個と制限されていますが、被災地で不足しているのなら、仕入せずに被災地に直接回せばいいし、近所の消費のためというなら、食べられなくても支障があるわけじゃないんだから制限する必要性は感じられない。

また制限するにしても、一人1個という制限の仕方では、一人暮らしは十分(自分の分)を買うことができ、人数の多い家庭では分割して食べなければならないということになる。これもおかしな話だと思う。

ガソリンや水などが必要な人にまわるよう、量を制限したり、優先的に購入できるようにしているのはいいと思う。

被災地で自宅避難している人のところに「1世帯に何個」とかいう支給をしている避難所(自治体?)があるらしいとニュースで言っていたが、人の命は世帯単位で管理するものではない。
平等にというのなら、大人何人で1個とか、子供何人で1個とか、もう少し納得できるような配分の仕方を考えるべきだと思う。

こういうことは被災してからではなく、災害対策として事前に考えておくべきだと思う。
スポンサーサイト
【2011/03/31 11:57】 | 災害 | トラックバック(0) | コメント(0)
三川町 一般の救援物資
三川町でも町民から救援物資を集めて被災地に送るようです。

お知らせ「東北地方太平洋沖地震被災者に対する皆さまのご支援をお願いします」

ただ、留意事項として以下のように書かれています。

すべて新品に限ります。
※物資の種類ごとに段ボール箱等に梱包し、物資名、数量を記入し、
 直接、受け入れ場所にお持ちください。


種類ごとに箱詰めなんて無理~と思っていたら、
東京都の救援物資ボランティアに参加
という記事に、届いた箱を開封して中身を仕分けする、と書いてあったので
ささやかながら家の中から条件に合うものをかき集めて持っていきました。
・ウェットティッシュ
・使い捨てカイロ
・タオル
・軍手
買い物の時にスーパーでもらったおいしい水の段ボールに収まるくらい。
うーん、ちょっと寂しい。
箱の表に中身のリスト書いたメモ用紙を表に貼って持っていきました。


救援物資を集めている三川町社会福祉センターに行くと
玄関を入ったところに「救援物資受付」の立て看板と、長テーブルがありました。
事務室に人がいたので説明をお聞きして、物資の概要と氏名と町内会名をリストに書き
物資を置いているこども広場に持っていきました。

集めた物資の分類作業とかで大変なのかなと想像していったんですが
さすがに人口7000人ちょっとの町なので、いたって落ち着いた感じ。
・・というか物資置き場には人がいませんでした。


実際どんな物資が集まっているか知りたい人もいらっしゃるかと思いますので
撮ってきた写真を載せておきます。

救援物資1

救援物資2

救援物資3

救援物資4

救援物資5

救援物資6

救援物資7

これを見て頂ければ、何を提供できるか具体的に判断できるかと思います。

それにしても写真にある布団とか毛布って新品なのかな?
下着とかはまとめ買いしてる人もいるんですね。


帰りに、三川町の避難所である旧押切公民館も見に行ってきました。
が、押切中公民館は見つけたものの旧押切公民館は見つけられませんでしたorz
車も止まってなかったから違うと思うんですが、
避難してる人がいないだけで当たりだったのか。
地元民ではないのでよくわかりません。


ガソリンが詰められるようになったら鶴岡市とか酒田市の避難所見に行こうと思います。
仕事が詰まってないときはボランティアに行こうかとも思ってます。
【2011/03/23 16:00】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
東北地方太平洋沖地震による東北関東大震災のためのメモ(1)被ばく対策
福島第一原子力発電所3号機で3月14日午前11時1分に「水素爆発」が起きました。
日本政府は「放射性物質の大量飛散の可能性は少ないと日本政府は見ている」そうですが
福島から米沢まで100km程度、三川まで180km程度。
念のため万が一のときのことも考えた方がいいかなと思いメモしておきます。

屋内退避
・ドアと窓をしっかり閉める。
・エアコンや換気扇も切る。
外出時
・ぬれタオルで鼻や口を覆う。
・皮膚を露出しない
被害予防(甲状腺異常)
・事前に放射性のないヨウ素を取り込んでおくと放射性ヨウ素が対外に排出されやすくなる
 ヨウ素の供給源になる食品としては(五訂増補日本食品標準成分表)
 ・こんぶ 131,000μgでダントツトップ、以下
 ・わかめ  7,790μg
 ・あまのり 6,100μg
 ・いわし   268μg
 ・さば    248μg
 ・大豆国産   79μg
 ・かつお    62μg
 と続きます。

また、『広島での原爆後遺症の調査の中に「みそを食べていたので、原爆後遺症が軽症で済んだ」という報告があります。この結果はヨーロッパでも知られており、1986年のチェルノブイリ原発事故の際には、ヨーロッパへのみそ輸出が急増しました。』とのことです。
タケヤみそのHPで紹介されている広島大学の伊藤明弘教授が行ったマウスを使った実験の研究報告によれば
マウスのエサにみそやしょうゆを10%混合したところX線照射量が8Gy以上あたりから省庁粘膜幹細胞生存率に差がではじめているようです。
人間の場合、味噌汁の濃度が10%だとしても、ごはんやおかずも食べるでしょうから結構難しい量かも?
ただ少しでも効果があることだけはわかりますから、味噌は食べておいた方が良さそうです。

参考
被ばく対策:YOMNIURI ONLINE
「健康食品」の安全性・有効性情報
タケヤみそ、みそ健康レポート
【2011/03/14 13:49】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
東北太平洋大地震!
昨日の15時前に発生した地震から1日が経とうとしています。
みなさんご無事でしたか?
三川町は一部の地域で地震発生から19時くらいまで
停電になったようですが復旧しています。

うちは停電もなく無事でした。
携帯はつながらないようですので
何かあればメールか家に電話してください。

こんなときはfacebookなのかな?
twitterは大活躍してるみたいですね。
【2011/03/12 11:37】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
リアルシステムズ      情報工学技術士事務所


情報工学部門の独立技術士が思うこと

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

佐藤 誉範

Author:佐藤 誉範
リアルシステムズ

平成3年からソフトハウスでシステム構築を行ってきました。
平成15年に技術士(情報工学部門)の資格を取得し、独立してリアルシステムズを創業。

情報システム構築に関することなら
どんなご相談にも親身に対応させていただきます。
一緒により良いシステムを考えましょう!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

天気予報

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。