スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
京セラの会計学から学ぶこと
又聞きですが、http://yonezu.seesaa.net/ より引用
---------------------------------------------
「京セラの会計学」

 そうです。「稲盛会計学」ともよばれる会計の考え方です。

 「会計が現代経営の中枢である」と考える稲盛氏は、書籍「稲盛和夫の実学」(日本経済新聞社)の中で、以下のように述べています。(要旨抜粋)

 物事の判断にあたっては、つねにその本質にさかのぼること、そして人間としての基本的なモラル、良心にもとづいて何が正しいかを基準として判断することがもっとも重要であるとされています。

 経営も同じ。会計の領域についても同じ。

 会計上常識とされている考え方や慣行をすぐにあてはめるのではなく、改めて何が本質であるのかを問い、会計の原理原則に立ち戻って判断しなければならない。そのため一般に認められている「適正な会計基準」をむやみに信じるのではなく、経営の立場から「なぜそうするのか」「何がその本質なのか」ということをとくに意識する必要があるとして、この「本質追求の原則」が京セラ会計学の基本原則となっています。

 そして、稲盛氏は、同書で経営のための会計学7つの原則を以下のように述べています。


1.キャッシュベース経営の原則

 「キャッシュベースの経営」というのは、「お金の動き」に焦点をあてて、物事の本質にもとづいたシンプルな経営を行うことを意味している。会計はキャッシュベースで経営をするためのものでなければならないというのが、私の会計学の第一の基本原則である。

2.一対一対応の原則

 「一対一の対応」の原則は、会計処理の方法として厳しく守られなければならないだけではなく、企業とその中で働く人間の行動を律し、内から見ても外から見ても不正のないガラス張りの経営を実現するために重要な役割を担うものである。

3.筋肉質経営の原則

 企業は永遠に発展し続けなければならない。そのためには、企業を人間の体に例えるなら、体の隅々にまで血が通い、つねに活性化されている引き締まった肉体を持つものにしなければならない。つまり、経営者はぜい肉のまったくない筋肉質の企業をめざすべきである。

4.完璧主義の原則

 完璧主義とは、曖昧さや妥協を許すことなく、あらゆる仕事を細部にわたって100%完璧に仕上げることをめざすものであり、経営においてとるべき基本的な態度である。

5.ダブルチェックの原則

 「ダブルチェック」とは、経理のみならず、あらゆる分野で、人と組織の健全性を守る「保護メカニズム」である。
 人はふとしたはずみで過ちを犯してしまう弱い面も持っている。この人の心がもつ弱さから社員を守る思いも大切。
 底に流れているのは、人間不信や性悪説のようなものではなく、むしろ人間に対する愛情であり、人に間違いを起こさせてはならないという信念である。

6.採算向上の原則

 企業の会計にとって自社の採算向上を支えることは、もっとも重大な使命である。
 採算を向上させていくためには、売上を増やしていくことはもちろんであるが、それと同時に製品やサービスの付加価値を高めていかなければならない。付加価値を向上させるということは、市場において価値の高いものをより少ない資源でつくり出すということである。
 また、それは、事業活動により従業員の生活を向上させていくと同時に社会の発展に貢献するための前提条件となるものでもある。

7.ガラス張り経営の原則

 私は京セラを創業以来、心をベースにした経営、つまり社員との信頼関係にもとづいた経営を心掛けてきた。
 中小企業であった京セラが厳しい競争に打ち勝っていくためには経営者と社員が固い絆で結ばれ、団結していることが不可欠だったのである。
 そのような信頼関係を構築するためには、会社の置かれている状況を包み隠さず社員に伝える必要がある。
 そう考え、私はガラス張りの経営を行い、全社員が京セラの経営状況がわかるようにしてきた。

(抜粋以上)
---------------------------------------------

ポイントと思われることを勝手にまとめると、
・心があること
・信頼関係があること
・本質を問い続けること
・正しいこと
・完璧であること
・採算がとれること
・チェックすること

宣言すれば実現するというけれど、その裏にはきっと、
成功するためには、自分を信じて行動すること。
自分を信じるためには、自分が正しいことをしているか問い続けること。
行動し成功するには、常に完璧を目指すことが必要。
簡単じゃないです。

だって、借りてきた本すら最初にパラパラめくっただけで、まだ読めてない。
残り2週間。
中身の濃いのが5冊もあるのに(T-T)
スポンサーサイト
【2008/09/30 10:27】 | 経営 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ドラッカーの本を買った | ホーム | 広告宣伝比率>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://realsystems.blog71.fc2.com/tb.php/47-98d9dc2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リアルシステムズ      情報工学技術士事務所


情報工学部門の独立技術士が思うこと

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

佐藤 誉範

Author:佐藤 誉範
リアルシステムズ

平成3年からソフトハウスでシステム構築を行ってきました。
平成15年に技術士(情報工学部門)の資格を取得し、独立してリアルシステムズを創業。

情報システム構築に関することなら
どんなご相談にも親身に対応させていただきます。
一緒により良いシステムを考えましょう!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

天気予報

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。