スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ドラッカー「明日を支配するもの」
ドラッカーの「明日を支配するもの」を読んだ。

といっても、前書きの「日本の読者へ」と第6章の「自らをマネジメントする」、
それに付章の「日本の官僚制を理解するならば」だけだが。

人は自らの強みを知りそれを活かしていくべきで、
そのための方法としてフィードバックすることなどが書かれていたが
もっとも簡単な方法は自分の強みを人に聞くこと、人の強みを人に教えること
自分が思っていることを人に話すこと、人がどう思っているか聞くこと
だと言っているように感じた。
単に仕事そのもののことだけでなく、仕事の仕方、目標などについて
十分な会話をすることが重要だと感じた。

また、日本の官僚制が先送りで偶然(?)うまくいったというような話は
面白かった。

そして最初の「日本の読者へ」の最後の文章には泣いた。

ドラッカーさんはいい人だと思った。




で、他の章は?(笑)
スポンサーサイト

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

【2008/10/11 06:07】 | 経営 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<庄内の朝焼け | ホーム | 携帯アップのテスト>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://realsystems.blog71.fc2.com/tb.php/53-2039fe9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リアルシステムズ      情報工学技術士事務所


情報工学部門の独立技術士が思うこと

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

佐藤 誉範

Author:佐藤 誉範
リアルシステムズ

平成3年からソフトハウスでシステム構築を行ってきました。
平成15年に技術士(情報工学部門)の資格を取得し、独立してリアルシステムズを創業。

情報システム構築に関することなら
どんなご相談にも親身に対応させていただきます。
一緒により良いシステムを考えましょう!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

天気予報

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。