FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
スパムフィルター
ふかさわさん(知り合いじゃないのにすみません・・)がこんな記事を載せておられた。

Gmailを使ってから、迷惑メールに悩まされなくなった。フィルタリングが簡単だからだ。もともと滅多なことで迷惑メールを通さない。逆に本当に必要なメールが間違ってフィルターされてしまうことは、たまにある。でも、それで実害が及ぶことはほとんどない。本当に大事な用なら、別の手段で連絡してくるはずだからだ。なぜなら送信者には自分のメールが迷惑メールになる可能性があるという自覚があるからである。ここで余談だが、...
非暴力不服従



なんか、私と似た匂いがするのは気のせいかな?
ま、それは置いといて。

先日、私が管理している掲示板にスパムが増えたので対策しました。
もともと禁止ワードっていうのを設定できるようになってたんですが、
まずは猥褻とか販売とかを想像させる単語を設定。
それを伏字にしたものも設定。
さらに漢字一文字のものも設定(妻とか濡とか儲とか、さらに「俺」なんかも不可(^^;)。
さらにそれらの英単語も設定。

これでほとんどフィルタリングされますが、深沢さんのページにもあるとおり
フィルタをかけると、通常の投稿を弾いてしまう場合もあるわけで
そんなときにそなえて、禁止ワードが含まれていた場合に
画面にエラーメッセージを返すのと同時に、管理者宛にメール通知するよう変更しときました。
こういう全自動化できないものはフィードバックできるようにしとかないとね。

ところで、このスパム、スパムロボットとやらが自動で投稿するらしいが
うちの掲示板は画像で表示する数字を入力しないと投稿できないようになっている。
それなのに定期的にやってきては投稿しようとしていく。
表示された画像を解析してるんだろうかとも思ったが
もしかすると暗号化して埋め込まれてる内容を解読してるのかも。
ソースは公開されてるし、自前の暗号化みたいなコメントあったし。
そうかもね。
ちゃんとAESとかCHAPとかセッション管理とかしちゃえばいいのに。

あと、このスパムロボットくん、一度禁止ワードでエラーになっても
もう一度、微妙に書き方を変えて投稿してくる。
「http:」が禁止されてることが多いらしく、「ttp:」に変えて再投稿してくるんですね。
でも、うちは別の文字列を禁止ワードにしてるから結局だめなんですけど。

そんな風に毎日禁止ワードに引っかかった
スパム投稿の通知を見て毎日楽しんでます。

そのうち、向こうもなんか対策してくるんじゃないかってね。
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【2009/08/22 23:38】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<リアルシステムズのホームページにリンク張りました | ホーム | ThinkPadにPCカードだけを差し込んだ時に空いてしまうExpressCardスロット用のフタを自作>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://realsystems.blog71.fc2.com/tb.php/74-095d139b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リアルシステムズ      情報工学技術士事務所


情報工学部門の独立技術士が思うこと

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

佐藤 誉範

Author:佐藤 誉範
リアルシステムズ

平成3年からソフトハウスでシステム構築を行ってきました。
平成15年に技術士(情報工学部門)の資格を取得し、独立してリアルシステムズを創業。

情報システム構築に関することなら
どんなご相談にも親身に対応させていただきます。
一緒により良いシステムを考えましょう!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

天気予報

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。